JASMAC YAKUMO HOME / ブログ
STAFF BLOG/プランナーブログ - パーティレポートや新郎新婦とのエピソード、ウェディングの豆知識やオススメ演出などをご紹介

ケーキの話

2016-8-28 by スタッフジャスマック八雲

みなさんこんにちは

 

目黒は・・ぐずついたお天気です・・

 

大きな台風がうろうろ・・上陸するかしないか・・

 

週明けが怪しいみたいです・・

 

みなさま・・ご注意ください・・

 

さて今日は・・ちょっと・・おいしいお話し・・

 

0229_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキのお話し・・

 

ウェディングケーキの起源は諸説ありますがいずれも古代に遡ります

 

1877724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表的なのは・・古代ローマの結婚式、塩、水、小麦粉で作った

 

簡単なケーキ・・

 

なんと・・最後の儀式としてこのウェディングケーキを

 

新郎新婦の友人や親戚が高い位置から花嫁に向かって投げつけ

 

頭の上割っていたそうです・・

 

 

214670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、細かく砕かれたケーキの断片を

 

参加者全員で奪い合っていたとされています・・

 

この行為には花嫁が子宝に恵まれるようにとの

 

願いが込められていて

 

まだ砕ける大きいケーキの断片はさらに粉々に砕くため

 

再度花嫁にぶつけることもあったようです・・

 

これ面白いですね・・

 

もうひとつは古代ギリシャ

 

ビスケットやパンを『将来食べ物に困らないように』との意味を

 

込めて二人で分けて食べた・・

 

これまんま・・いまのファーストバイトに繋がるわけですね・・

IMG_2341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとちょっとおいしそうな

 

ギリシャのロードス島で作られたジンジャーブレッドなどの香料入りのケーキ

 

なんていうのもあります・・

 

生ケーキで定番の3段重ねケーキ

IMG_2646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは・・18 世紀にイギリスの菓子職人ウィリアム・リッチが考案し

 

なんとまたご登場の・・ス-パートレンディガール ビクトリア女王が結婚式に採用して

 

世の中に広まりました・・恐るべし・・

ビクトリア女王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海を渡り諸外国から運ばれた、貴重だった砂糖やバター、

 

洋酒を使ったドライフルーツのケーキをつくり3段重ねとしました

 

・1段目は結婚式の参加者と新郎新婦の為、

・2段目は結婚式を欠席した招待者の為、

・3段目は1年目の結婚記念日や将来生まれてくる子供が食べる為

 

洋酒を使ったドライフルーツケーキは1年近く保存ができるため

 

1年目の結婚記念日に食べることができたそうです・・

 

当時これらが新聞に詳細に乗り・・世に広まったとのことです

 

なんとこの時に・・

 

ウェディングケーキに新郎新婦の人形や造花を飾っていた

12074712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でいう「ケーキトッパー」・・そうです

 

さすが・・トレンディなビクトリア女王・・

 

八雲もオリジナルなトッパーで大人気のケーキ屋さん

自由が丘のモンサンクレール・・楽しめるのはこの八雲だけ・・

詳しくは・・お問合せを・・

レポートはFでした・・

ウェディングケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

000239_Rkiy0204_RJS203kiy0204_RJASA0193 - コピー00268_R00396_Rjon1370292le0062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |2016-08-28|Filed under: その他のこと,ブライダル豆知識パーマリンク

【無料試食付・邸宅まるごと体験ツアー&サレジオ教会見学】

2016-8-22 by スタッフジャスマック八雲

9月3日(土)・4日(日)
9月22日(木・祝)・24日(土)・25日(日)

待望の料理試食が付きビックフェア開催!!

《邸宅まるごと体験ツアー&サレジオ教会見学》

source_0319_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャスマック八雲はおもてなしを追求した“究極のおもてなしハウス”
オーナーがゲストを楽しませることにとことんこだわり建てた本物のゲストハウスです。

そんな邸宅を婚礼ではまるごと1日貸切でお二人の自宅のようにご利用いただけます。
まずは、その究極のおもてなしハウスをお二人が体験してみてください。

 

☆フェアスケジュール☆

【お洒落なカクテルパーティを体験】

00635_R - コピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式当日はウェルカムドリンク片手にテラスやメインダイニングで寛ぎのひと時を。フェア当日、お二人もほっと一息、ゆったりとした時間をお過ごしください。

【空間コーディネートを体験】

図1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャスマックでは洗練されたお洒落な空間が自慢の邸宅です。専任の空間コーディネーターが二人の要望を伺いジャスマックでしかできない空間演出をご提案します。フェア当日は季節テーマにプロデュースします。

【シェフオリジナルメニューを試食】
※料理試食をご希望の方は第2部(13:30~)・第3部(16:30~)のご案内となります。

料理_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース料理はフレンチでご用意。中でも人気のシェフとご相談の完全オリジナルメニュー。フェア当日はオリジナルメニューの1品をご提案メニューとしてご試食いただけます。

★サレジオ教会見学フェア★
本格的な教会挙式をご要望の方には、近隣の『カトリック碑文谷教会(サレジオ教会)』の挙式がおススメ。

見学をご希望の方は予約時にお申し付けください。弊社プランナーにてご案内させていただきます。

 



《フェア来館特典》

§自由が丘“モンサンクレール”で大人気のスイーツをプレゼント!!

§見学時、最寄駅5箇所からの無料送迎プレゼント!!

§結婚式当日、最寄駅からゲスト用のタクシー30台分プレゼント!!



 

是非!この機会に一度ジャスマックにお越しください。
ご予約お待ちしております。

  |2016-08-22|Filed under: その他のことパーマリンク

本格的な教会式なら【カトリック碑文谷教会(サレジオ教会)】がオススメ

2016-8-15 by スタッフジャスマック八雲

ジャスマック八雲では本格的な教会式をご希望の方には近隣のサレジオ教会をご紹介しております。

当館は1日1組限定でのウエディングの為、教会のスケジュールに合わせてお仕度から送迎、お披露目パーティなど、すべてサポートさせていただきますので安心してお任せください。

★オススメポイント★
もちろん、新郎新婦の二人だけでなく、ご両親やご親族の方の支度や送迎のサポート、挙式に参列されたゲストの送迎などのサポート体制も万全ですのでご安心ください。

 

 メイン 

     

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

お支度はゆっくりとJASMACで。

③  

 

メイクさんとカメラマンと教会へ出発!!

④

 

 

 

 

 

 

 


 

① (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会到着後は控室で待機&リハーサル

 

⑤

 

 

⑥

 

【挙式】

⑦

 

 

 

 

 

⑧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

JASMACへ移動

移動手段はもちろん!! JASMACでご用意できますのでご安心ください。

 

 

【披露宴】

二部制披露宴

一部は着席コースでお仕事関係や親族を中心とした会食を。
二部はカジュアルなお披露目パーティで、外国映画に出てくるような海外のホームウエディングスタイルで。

⑩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二部はカジュアルなお披露目パーティで、外国映画に出てくるような海外のホームウエディングスタイルで。

ジャスマックでは結婚式の大切な1日を思いっきり楽しんでいただきたいと思っています。
邸宅ならではの空間で、新郎新婦の自宅のようにまるまる1日使って楽しめるウエディングをご提案させてください。

 

⑪

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

大好評!『サレジオ教会特集フェア』は随時開催しています
ご予約お待ちしています

フェア詳細はこちらから⇒http://www.jasmac-agc.co.jp/yakumo/contents/fair/


 

⑫

  |2016-08-15|Filed under: その他のことパーマリンク

続 黒いウェディングの衣装

2016-8-15 by スタッフジャスマック八雲

みなさんこんにちは

目黒は曇り

じめじめ・・湿度がたかいです

さて・・実は以前黒いウェディングドレスのレポート

IMG_2100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログの反響があり・・直接・・数件問い合わせをいただきました・・

気をよくして・・もう少し深く・・ご紹介・・

白いウエディングドレスの仕掛人はこの人

ビクトリア女王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビクトリア女王・・でしたが・・
1840年の結婚式・・これが実際のドレス

ビクトリア女王のドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なホニトンレース(イギリスで作られる高級レース)

が装飾されたシルクのドレス。
シルクの光沢が美しい・・

ホニトンレースの衣装とベールは、200人以上の特に優れた熟練者が

7ヶ月もかけて編んだのだそうです・・すごい

胸元には、サファイアとダイヤモンドのブローチ・・

462px-Wedding_of_Queen_Victoria_and_Prince_Albert

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバート公から贈られた結婚祝いをつけていたそうです
映画の1シーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ再現された・・映画です

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(2009)

ドレス忠実に再現してますね・・

1745年、後のロシア女帝エカチェリーナ2世の婚礼時のドレスのレプリカ。

34347974242719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀糸の刺繍が施された豪奢な衣装。

中世では青・赤・緑の絹やベルベットの布地に

金や銀の糸で刺繍をほどこした豪華なドレスが主流でした

16世紀末にはスペイン宮廷での流行を背景に

黒や暗い色のウェディングドレス・・・

 

当時の絵画を見ると・・・感じがつかめると思います

フェリぺ2世の妻イザベル・・

 

絵画2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラス・メニーナス 女官たち という意味

350px-Las_Meninas,_by_Diego_Velázquez,_from_Prado_in_Google_Earth

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1656年ベラスケスによってかかれた傑作と言われています
フェリペ4世の娘マルゲリータ

Diego_Velázquez_026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になったマルゲリータ

800px-Margaret_of_austria_1609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1745年、後のロシア女帝エカチェリーナ2世の婚礼時のドレスのレプリカ。
とそっくりな感じですね・・

絵画3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルノルフィーニ夫妻像

当時の濃い色のドレスの感じつかめましたか?

実は日本も白無垢ばかりじゃないんですよ・・・

黒が大流行してました・・

img20100430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でも黒は神聖な色です

今までも、絶大な人気を誇る黒引き振袖。

黒引き振袖には、これ以上誰にも染まりません。

IMG_7008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という意味があるそうです・・
『黒』は、御存知の通り、もう他のどんな色にも染まらないのです。

『白』が、これからあなた色に染まります・・・なら、

『黒』は、あなたのところへ嫁いだからには、

あなた以外の色には二度と染まることはありません。

という、純潔の証といわれています・・
白無垢は室町時代、武家から発祥と言われてます・・

 

黒引きも歴史は古く、
かつて武家の婚礼衣裳として使われ、

299e84ff

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸後期にブームになりました・・

江戸時代の庶民の女性の憧れの仕事だった

御殿女中の装いが黒振袖だった為、・・
その姿を自分の結婚式に真似したのが

黒振袖の始まりと言われてるそうです。

元々おめでたい時には黒を着るのが昔からの風習でした。

今でも男性の第一礼装は黒紋付袴・・ですもんね・・

img_1012-500x430

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既婚女性の第一礼装である留め袖も黒ですよね。

昭和初期までは一般的な花嫁衣装だった。

結婚後、振り袖の長い袂を切って留め袖にした・・とのこと

 

洋に東西にかかわらず黒などの色の濃いほうが

 

リペアが可能な便利さがあるようです

レポートはFでした・・

 

 

  |2016-08-15|Filed under: その他のことパーマリンク

ニューヨークin ジャスマック八雲

2016-8-6 by スタッフジャスマック八雲

本日八雲は晴れ

蒸し暑いです

日本全国で記録的な暑い日になりましたが・・

ジャスマック八雲はさらにNYぽく熱くなりました・・

IMG_20160806_120637

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のパーティー速報です・・

本日はNY在住のカップルで

NYがそのまま・・随所に

スライド1 スライド2 スライド3 スライド4 スライド5 スライド6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スライド7

スライド8 スライド9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スライド10

スライド11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おふたりの手作り・・さすがです

すてきさは・・おふたりも・・おおよろこび・・

さすが本場NYでくらすおふたりの立食パーティーは素敵です

 

 

新婦お母さんのピアノと・・

新婦とお父さんふたりでのデュオで歌を

6444047

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう最高に・・素敵でした・・

詳しくはブライダルレポートで後程・・

実況中継はFでした・・

  |2016-08-06|Filed under: JASMAC流,●ウェディングレポート●パーマリンク
一度ジャスマック八雲にお越しになりませんか?
見学&ご相談はいつでも受付けております。来館予約のフォームはこちらをクリック。 お電話によるお問い合わせは、03-3725-3300(JASMAC WEDDING DESK.)
ブライダルフェア開催中!デザート試食や先輩カップル事例紹介などが楽しめます。